現場直送”生”特注馬|2024.6.15(土)


現場直送”生”特注馬|2024.6.15(土)


6月15日(土)の「現場直送”生”特注馬」を公開する。


▼現場直送”生”特注馬|2024.6.15(土)▼

■東京3R 3歳未勝利


特注馬:4ルージュベルベット


前走は逃げた勝ち馬が2着馬に8馬身差をつける楽勝劇。自身も後方からしっかりと脚を使って3着まで追い上げているが、相手が悪かったとしか言い様がない。その後は短期放牧でリフレッシュ。帰厩後の乗り込みは順調で1週前追い切りは6F81秒6ー3F37秒5ー1F11秒6。馬場の大外で併せたが、楽々と動けていた。今週も併せ馬。僚馬を誘導しながら直線は外で馬体を並べたが、弾むようなフォームから一直線に伸びきった。6F83秒9ー3F38秒1ー1F11秒7。体をふっくらと見せて、気配は前走以上。初勝利に向けて、うまく仕上がっている。

東京4R 3歳未勝利


特注馬:16ロジカルワーズ


出遅れたデビュー戦とは一転、逃げて主導権を握るレース運び。直線は後続を振り切って1度は抜け出したが、素質馬の強襲にあって2着。それでもマークされた3着馬は完封。未勝利Vへのメドは完全に立った。レースの疲れはすぐに回復して、6月4日から15ー15を乗り出している。今週はウッドで単走も、馬場の大外を使ってたっぷりと負荷をかけるハードな内容となったが、ラストは持ったまま1F11秒3。全体時計も6F84秒5ー3F37秒5と外を回ったことを踏まえれば十分な数字で、さらなる体調アップがうかがえる。馬体も引き締まっており、待望の初Vへ。

函館5R 2歳新馬


特注馬:2ヴーレヴー


1週前に函館芝コースで4F53秒0~1F11秒2。古馬2勝クラスのエゾダイモンと実戦さながらの併せ馬を消化し、完成度の高さを見せつけた。今週はウッドコースで5F69秒3~1F12秒3。理想的な加速ラップを刻んだ。関係者は「勝って函館2歳Sを狙いたい」と鼻息が荒い。初戦から注目だ。

■京都5R 2歳新馬


特注馬:7アメリカンビキニ


1週前に坂路で4F51秒1~1F13秒3。この時期の2歳としては破格の好時計をマークした。最終追いも坂路。デビューから4戦全勝のヤマニンウルスと併せ馬。重賞を狙う格上を相手に3馬身後ろから併入に持ち込んだ。「坂路でめちゃめちゃ動くし、パワーは相当ある。大きいところを狙える素材」と関係者。初陣を白星で飾る。

■京都7R 3歳上1勝クラス


特注馬:7グレイトフルペイン


前走後は一息入れられて、5月中旬からトレーニングを再開。1週前はCWで6F79秒5~1F11秒6の好時計をマークし、順調な仕上がりをアピールした。直前は6F88秒0~1F12秒3と息を整えて調整完了。「納得のいくまでじっくり乗り込んだ。この出来なら勝ち負け」と関係者は強気だった。狙う価値は十分にある。

■東京10R 立川特別


特注馬:1マホロバ


前走はブリンカー着用で積極的なレース運び。直線は踏ん張り切れず6着に敗れたが、この1本が刺激となって馬が変わってきた。前回までは行きっぷりが悪く、ケイコでも促して進めるところがあったが、この中間は併せ馬でうなるような手応え、走りを披露。1週前は3頭併せで1F11秒4。追われる2頭を尻目に持ったまま鋭伸。今週は2頭併せ。追走して内に潜ると持ったまま反応して、ラストは矢のような伸び脚。6F81秒9ー3F36秒9ー1F11秒6。一杯に追われる相手にゴール前はグンと前に出て楽々と1馬身の先着を果たした。前向きに走れており、変わるなら今回だ。

■東京11R 多摩川ステークス


特注馬:9マンドローネ


前走の勝ち馬は続くGIIでも5着。接戦の4着に敗れたのは位置取りの差だけで、3勝クラス上位の力は示している。現状はためてはじけさせる競馬があっており、鞍上にルメールを戻した今回は必勝の鞍だ。ケイコの動きも素晴らしく、1週前の3頭併せでは5F64秒3ー3F35秒7ー1F11秒4の好時計を軽々とマーク。今週は単走で馬の気に任せたが、推進力のあるフォームから、ラストもズバッと切れた。5F66秒7ー3F37秒5ー1F11秒4。意欲的に攻め込み出来もピーク。クラス3戦目で決める。


以上7頭を、6月15日(土)の現場直送”生”特注馬として紹介する。