【東京新聞杯】認定競走主幹菅原貴史の追い切り寸評


【東京新聞杯】認定競走主幹菅原貴史の追い切り寸評


■1枠1番 サクラトゥジュール【評価B】
 堀厩舎[東] R・キング騎手

[1週前] 助手
【美浦南W】 稍 83秒7-66秒8-51秒6-37秒1-12秒0 馬なり
[今週] 助手
【美浦南W】 良 80秒9-64秒5-50秒4-36秒1-11秒5 馬なり

かなり内を回った相手に一旦は並ばれたが、そこから推進力のあるフットワークであっさりと引き離して最後は2馬身の先着。6F80秒9ー3F36秒1ー1F11秒5。前回の追い切りより1秒8も速い数字を叩きだしたように攻めを強化で活発な走り。肌もピカピカに輝いており、体調アップは間違いない。あとは鞍上も口にしている「乗り難しさ」をどう克服するか。

■1枠2番 アスクコンナモンダ【評価B】
 中内田厩舎[西] 横山武騎手

[1週前] 中井騎手
【栗東CW】 稍 81秒5-66秒4-51秒3-36秒4-11秒4 一杯
[今週] 中井騎手
【栗東CW】 良 85秒1-68秒9-53秒3-37秒7-11秒1 一杯

CWコースで3頭併せ。インからパワフルな脚さばきでしっかりと前に出た。完歩が大きく、首を真っすぐ前に突き出して前傾姿勢。
前回はあまり状態が良くなかったけど、メンバーと能力で3着。それ以上に今回は順調だし、この馬自身は前走より走れると思うけど、ただし相手は格段に強くなっている。

■2枠3番 ドルチェモア【評価B】
 上原佑厩舎[東] 石橋騎手

[1週前] 金子光騎手 [1月25日(木)追い]
【美浦南W】 良 82秒5-66秒4-51秒9-37秒8-11秒6 一杯
[今週] 石橋騎手 [2月1日(木)追い]
【美浦南W】 良 81秒8-65秒2-49秒9-35秒6-11秒1 直強め

石橋脩を背に3頭併せ。速いペースで先行する2頭を追いかけて直線は内に潜ったが、最後まで粘り強く伸びて6F81秒8ー3F35秒6ー1F11秒1の好時計をマーク。中の馬には同入も、外の馬には3馬身の先着。馬体に大きな変化はないがケイコの動きは良く、出来は決して悪くない。

2枠4番 ルージュリナージュ【評価C】
 宗像厩舎[東] 横山和騎手

[1週前] 助手
【美浦南W】 稍 70秒2-54秒2-39秒4-12秒3 馬なり
[今週] 助手
【美浦南W】 良 68秒8-53秒9-38秒7-11秒5 馬なり

前に馬を置いてスタートしたが、道中は掛かりっぱなし。手綱を緩めれば一気に持って行かれそうなコーナーの勢いの割には、直線ははじけなかった。気の難しさがケイコにも出ており、前走からの変わり身は薄い。

3枠5番 ウインカーネリアン【評価S】
 鹿戸厩舎[東] 三浦騎手

[1週前] 三浦騎手
【美浦南W】 稍 83秒0-67秒0-52秒1-37秒4-11秒3 馬なり
[今週] 三浦騎手
【美浦南W】 良 83秒8-67秒0-52秒1-37秒9-11秒6 馬なり

1週前は三浦騎乗で併せ馬。6Fから時計を出して、なおかつ馬場の大外を回す負荷の大きい内容となったが、弾むようなフォームからズバッと伸びて1F11秒3。併せた相手を置き去りにして見せた。今週も三浦騎乗で併せ馬。リズム良く前の馬に並ぶと直線は脚力の違いであっさりと抜け出して、最後は追われる相手に大きく先着。5F67秒0ー3F37秒9ー1F11秒6。やる気になればいくらでも動きそうな勢いがあり、フットワークの切れ、しなやかさは好調時と遜色なし。馬体の張りも目立ち、海外遠征の疲れどころかますます快調。
かつての虚弱さが嘘のようにシッカリとして、昨年などは遂に海外遠征などという過酷な状況までもこなせるようになった。これは甘やかし過ぎという悪い側面を見せることもあるものの、決して馬に無理をさせないという鹿戸厩舎の方針が良い方に出た理想的な例と言える。この中間も一追い毎に動きは良化と順調そのもの。特にブリンカーをつけた1週前など真剣過ぎて併走相手が怯んだぐらい。持ち時計を見ての通り、今やG1レベルの実力の持ち主でもある。要注意

3枠6番 マスクトディーヴァ【評価S】
 辻野厩舎[西] 岩田望騎手

[1週前] 助手
【栗東CW】 稍 87秒9-71秒1-55秒6-40秒1-11秒7 馬なり
[今週] 助手
【栗東坂路】 良 53秒5-38秒9-25秒0-12秒0 馬なり

坂路で単走。ゆったりと、余裕を持って上がっており、気負いがどこにも見られない。次第に前脚が高く上がるようになり、完歩も大きくなっていったが、過度な力みは全くなし。精神面の安定ぶりを見せつけた。この馬の特徴を言えば「折り合い面に全く注文がつかない」という点にある。要は完璧、道中に一切の無駄がないのである。故に脚は溜まりに溜まりまくる。そして、その集大成が、あの爆発力。スプリンター並のトップスピードの質を効率的にして最大限に生かしているということ。それだけに今回の距離も問題ない。むしろ、推定ベストでは。柔らかみ十分で仕上がりも休養前以上とくれば、変に逆らう必要はないだろう。

4枠7番 ジャスティンカフェ【評価A】
 安田翔厩舎[西] 坂井騎手

[1週前] 調教師
【栗東坂路】 良 57秒4-41秒4-26秒4-12秒8 馬なり
[今週] 坂井騎手
【栗東CW】 良 82秒7-66秒9-51秒7-37秒2-11秒7 引張りきり

CWコースで3頭併せ。リードする馬の背後につけて実戦同様に馬にプレッシャーをかけた。直線を向いて内へ。多少、力みかけたが鞍上の手綱で何とか我慢すると、残り1Fからスピードを上げて前へ。最後は相手を待つ余裕を見せて併入した。実戦でもコントロールが利きそうだし、息づかいも十分なもの。
高いスピード能力を秘めるものの、我が強く実戦で我慢することを苦手としていた若かりし頃の同馬。あの時期に比べれば、今や随分と溜めて弾けるが形になったことは間違いない。それこそ、これまで同馬に騎乗してきた騎手達に陣営が徹底的に教え込んできたからこその成果ではあろう。とはいえ、それでも大成しない馬は大成しないもの。この馬自身が非凡な基礎スピードを末の爆発力へと変換できるだけの非凡なセンスを持ち合わせていたことも見逃してはなるまい。そして前走の内容ならば、いよいよ完成を迎えG1に手が届くレベル達したことも事実。しかし、本質を忘れてはならない。溜めて弾けるをマスターしたとはいえ、決して我の強さが消えたわけではないのだ。あれは、あくまで我慢しているだけ。基本的にギアの細かい上げ下げの指示を完璧にこなせるようになったわけではないのである。嘘だと思うのなら、同馬の好走パターンを見直して欲しい。結局、どれも一脚。決して立ち回りの上手さで結果を出したことなどないのだから…。要は、あくまで他力本願型。ベテランらしくデキに不安はないが、勝ち確かというと微妙。取りこぼす可能性があることを頭の片隅に置いておくべき。

4枠8番 ホウオウビスケッツ【評価B】
 奥村武厩舎[東] 岩田康騎手

[1週前] 岩田康騎手
【美浦南W】 稍 67秒0-52秒1-37秒5-11秒6 直一杯
[今週] 岩田康騎手
【美浦南W】 良 68秒3-52秒5-37秒8-11秒4 馬なり

3週続けて岩田康が駆け付けて調整してきた。併せ馬では優勢に動き、1週前は追って豪快な伸び脚を披露。今週は単走で息を整えたが、最後は楽な手応えのまま1F11秒4をマーク。体のラインがはっきりとして、腹回りの無駄な脂肪もなくなった。叩いて順当に良化。ただし、競馬に行くとむちゃくちゃ引っかかる。前走もユニコーンライオンのハナを叩いて残り1Fまで先頭だった。あの競馬を見たらマイルは合いそうだが、今回の超強力メンバーでいきなりは厳しいと思う。ここを除外で来週の洛陽Sなら勝ち負けだったのでは。

5枠9番 ウンブライル【評価A】
 木村厩舎[東] C・ルメール騎手

[1週前] 助手
【美浦南W】 稍 96秒9-81秒5-67秒1-52秒2-37秒8-11秒8 G前仕掛け
[今週] 助手
【美浦南W】 良 67秒5-52秒5-38秒0-11秒4 馬なり

約9ケ月ぶりの長期休養明け。木村厩舎では珍しく、トレセンでじっくり乗って仕上げてきた。12月31日の初時計からコース、坂路を併用して計10本の時計をマーク。長め追いを積極的に行い、1週前は7F96秒9ー3F37秒8ー1F11秒8。ゴーサインにしっかりと反応して、粘り強く伸びきった。今週は3頭併せの真ん中に入れて実戦を意識させたが、引っ張り切れないほどの手応えのまま、グイッと伸びて1F11秒4。無駄のない体に、手先の軽いフォームからも態勢は整った。

5枠10番 ダノンタッチダウン【評価B】
 安田隆厩舎[西] 北村友騎手

[1週前] 北村友騎手
【栗東P】 良 82秒3-65秒3-50秒0-36秒8-11秒3 稍一杯
[今週] 北村友騎手
【栗東P】 良 67秒4-51秒8-37秒7-11秒2 馬なり

北村友を背にしてポリトラックコースを単走で。落ち着いて走れており、ラストの伸びも悪くはないが、やはりいいころと比べると覇気というか迫力が足りない。ただし、状態は本当に良くなっているし、体にハリも出てきた。位置取りにこだわらず、今回はこの馬のリズムで走らせて最後どれだけ脚を使えるか。

6枠11番 マテンロウスカイ【評価B】
 松永幹厩舎[西] 横山典騎手

[1週前] 助手
【栗東坂路】 良 52秒6-37秒8-24秒9-12秒5 馬なり
[今週] 助手
【栗東坂路】 良 52秒4-37秒5-24秒3-12秒2 末強め

坂路で単走。馬場が荒れているためか、やや上下に馬体が激しく動いていたが、問題はないだろう。馬場にスタミナを奪われているはずだが、最後までバテることはなかった。馬は凄く元気がいい。今は控える競馬もできるし、去勢したことがようやく実になってきたように見える。東京ではいいレースをしているし、今ならもっと落ち着いた競馬もできると思うから楽しみはある。

6枠12番 コナコースト【評価C】
 清水久厩舎[西] 戸崎騎手

[1週前] 助手
【栗東CW】 稍 97秒5-81秒0-66秒7-52秒4-38秒2-12秒8 一杯
[今週] 助手
【栗東坂路】 良 54秒4-38秒6-24秒1-11秒7 馬なり

坂路で単走。舌を出しており、体も斜めを向いているが、脚さばきは軽快そのもの。キビキビとリズムの良さが目を引いた。
その上でこの馬の本質に触れて行くと、スピード性能の向上はここにきて上昇しているが、それと共に「集中力が切れやすくなってきている点」が気になる。
おそらく3歳春時期は、まだ持ち前の器用さと類稀な基礎スピードの高さでマイルでも一線級と渡り合えただろうが、マイル適性が伸びるような成長曲線にはならなかったとも見える。つまり、古馬混合重賞でのマイル戦は「長い可能性がある」という懸念があることは記しておく。

7枠13番 トゥードジボン【評価C】
 四位厩舎[西] 藤岡佑騎手

[1週前] 助手
【栗東CW】 稍 87秒9-71秒2-55秒8-40秒1-12秒1 馬なり
[今週] 助手
【栗東CW】 良 52秒4-37秒3-11秒3 一杯

CWコースで単走。手前を何度も替えて、やや集中できていない感じ。首も高く、力が逃げてしまっている点もマイナス。

7枠14番 サウンドビバーチェ【評価C】
 高柳大厩舎[西] 浜中騎手

[1週前] 浜中騎手
【栗東CW】 稍 78秒9-64秒1-50秒2-36秒2-11秒6 一杯
[今週] 助手
【栗東坂路】 良 52秒3-37秒6-24秒6-12秒4 馬なり

坂路で単走。脚さばきはパワフルだが、もう少し軽快感があればベスト。首も激しく使って、真剣味は伝わってくる。ただ、タイムはもう少し詰めたかった。

8枠15番 フリームファクシ【評価B】
 須貝厩舎[西] 菅原明騎手

[1週前] 酒井騎手
【栗東CW】 稍 83秒7-67秒9-52秒8-37秒7-11秒7 直強め
[今週] 助手
【栗東坂路】 良 54秒0-38秒1-24秒4-12秒0 末強め

坂路で単走。前脚は遠くをつかみ、力みも少なく、なかなかいいフットワーク。最後までスピードも落ちなかった。

8枠16番 アヴェラーレ【評価A】
 木村厩舎[東] R・キングスコート騎手

[1週前] 助手
【美浦南W】 稍 96秒7-81秒1-66秒7-52秒0-37秒4-11秒4 一杯
[今週] 助手
【美浦南W】 良 86秒1-69秒7-54秒0-39秒6-12秒0 馬なり

1週前は7Fから追ってラスト1F11秒4でまとめる好調教。この1本で体に芯が入り、走りが良化。今週は3頭併せの内からグイグイと加速すると、最後まで勢いそのままに真っ直ぐ伸びきった。5F69秒7ー3F39秒6ー1F12秒0。数字以上のスピードと切れがあり、覇気も旺盛。いい状態を保てている。ベテランらしくデキに大きな変動なく好調域は好調域。ただし、勝つには何かに恵まれる必要があることは確か。この癖馬に初騎乗というのも不安な点であり、キングスコートの手腕が試される。