【阿修羅の結果速報】ムーアからの乗り替わりでも完璧にミッション遂行!

【阿修羅の結果速報】ムーアからの乗り替わりでも完璧にミッション遂行!

阿修羅メンバーの皆様
今週もお疲れ様でございました。

株式会社ASHURA PROJECT広報主幹の菅原でございます。
まずは、マイルCSの完璧な的中、御参加いただきました皆様、おめでとうございます。

シンジケート協定競走での提供となった時点で「敗戦のイメージは持たなくても良い」と言える提供となったわけですが、流石に本命に抜擢予定であったナミュールの鞍上R.ムーア騎手の落馬による怪我からの乗り替わりには私共も肝を冷やしました。

シンジケートサイドも「ムーアのままなら3連単で行く予定だったが、流石にここは3連複にせざるを得ない」と、安全策を取ったわけですが、結果は「◎ナミュールの見事なまでの勝利」でございました。


京都11R マイルCS
1着◎16ナミュール(5人気)
2着〇1ソウルラッシュ(3人気)
3着注5ジャスティンカフェ(7人気)
3連複3万930円的中(12点)

評価順
◎16ナミュール
〇1ソウルラッシュ
▲12レッドモンレーヴ
☆7エルトンバローズ
△5ジャスティンカフェ
△6ダノンザキッド
△11セリフォス

買い目
3連複フォーメーション
1頭目◎
2頭目〇▲☆
3頭目〇▲☆△△△
12点


これでシンジケート協定競走の的中は「5戦5勝」。

1人気馬シュネルマイスターを完全に買い目から切り捨てての的中でしたから、惜しむらくは「当初の予定通り3連単提供が出来ていれば」と思わざるを得ない訳ですが、流石にムーア騎手からの乗り替わりという状況ではやむを得ない判断だったと思いますし、むしろ「大英断」であったと思うわけです。

1着でなくてはならないという協定ミッションを「3着以内であればよし」と変更出来た事は、代打騎乗を打診された藤岡康騎手にしても「気楽に乗れた」のは間違いなく、その配慮があってこその1着と考えれば、こういった際の対処や、指示出しという面でも流石と言えるのではないでしょうか。

提供を主幹したシンジケート側のTOP御子柴氏は、

「流石に今回の乗り替わりには一瞬頭が真っ白になったし、提供中止も頭をよぎったが、加賀さんをサポートに付けてくれたのが今回は非常に大きかった。ムーアからの代打を誰にするか。そしてどのような指示を騎手に与えるかという局面で、元騎手としての実績が豊富な加賀総帥のアドバイスが非常に役に立ったし、加賀さんこそが影の功労者だと思っている。そうでなければ康太があそこまで腹の座った騎乗を見せてくれることは無かったと思うからね。本当に加賀さんには感謝しかない。これからは、また別のカタチでの協力関係をASHURA PROJECT側とは結びながら、お互いの道を歩むことになるが、ASHURA PROJECTのメンバー様にとっては、それが最高のカタチとなると我々は考えているし、菅原君からも皆様にしっかりと紹介しておいて欲しい」

との談話をいただきました。

札幌記念からお披露目することとなった「競馬界の不可侵領域」からの至高の情報=「シンジケート協定競走」は、今回のマイルCSを最後に阿修羅プロジェクトでの提供は行えなくなりますが、メンバーの皆様には本日夜、このシンジケート組織との「究極の契約」についての公式発表を行いますので、是非ともその内容を楽しみにお待ちいただくと共に、発表内容に関しては「隅々まで読み漏らす事無くしっかりと熟読していただきたい」とお伝えしておきます。

その内容をご覧いただければ「シンジケート協定競走の提供を当プロジェクトでは行えなくなったという落胆は吹き飛ぶはず」と申し上げられますし、皆様の「競馬への考え方」「競馬との関わり方」が一変するレベルの内容でございます。

その事だけでも「おめでとうございます」と申し上げるに相応しい内容でございますので、是非とも「手に出来る価値の大きさ」を噛み締めていただきたいと存じます。

それでは、久方ぶりのパーフェクト的中となった今週の戦績のご報告となります。

各レースの見解にもしっかりとお目通しください。


11月18日(土)提供


阿修羅認定競走

■東京11R 東京スポーツ杯2歳S
1着▲7シュトラウス(4人気)
2着△1シュバルツクーゲル(8人気)
3着◎3ファーヴェント(2人気)

3連複フォーメーション
1頭目◎
2頭目○▲☆
3頭目〇▲☆△△△△
合計15点

3連複1万2760円的中(15点)

=提供主幹からの一言=
提供主幹:坂井千明
的中を残せたことは嬉しいんだけど、あの位置から本命◎のファーヴェントが伸びきれなかったのはちょっと見立てと違ったんだよね。ファーヴェントはクラシック戦線でもそれなりに活躍できる下地があると思ってたから、内容には全く納得いってないかな。まぁ2歳戦はそういった「仮説⇔検証」の繰り返しだからこれからも微調整しながら来年のクラシックホースをしっかり見極めていきたいね。


阿修羅認定競走

■京都10R 比叡S

1着☆12ディナースタ(5人気)
2着◎2キングズパレス(1人気)
3着▲6ニシノレヴナント(6人気)

3連複フォーメーション
1頭目◎
2頭目〇▲☆
3頭目〇▲☆△△△△
合計15点

3連複6760円的中(15点)

=提供主幹からの一言=
提供主幹:塩崎俊雄
重馬場じゃなかったらキングズパレスが勝っていたかどうかは分からねーが、こういう馬であることも事実なんだよね。その意味での3連複の軸っていう意味じゃこれほど信頼が置ける馬もいなかったし、まぁ無難な的中ってところだろうね。それでも回収率で言えば400%を超えてる訳で、予想の巧拙ってのはもちろんあるんだけど、こういうレースをしっかりと指定レースに出来る現場班の事前調査の賜物だと俺は思うよ。このレースを選べれば必然的にこういった買い目になるよねっていう意味でも、レース選択の勝利なんだよ。阿修羅の情報力や分析力ってのは、むしろ「レース選びの妙」と言っても過言じゃないと思うね。


11月19日(日)提供


シンジケート
協定競走

■京都11R マイルCS

1着◎16ナミュール(5人気)
2着〇1ソウルラッシュ(3人気)
3着注5ジャスティンカフェ(7人気)

買い目
3連複フォーメーション
1頭目◎
2頭目〇▲☆
3頭目〇▲☆△△△
12点

3連複3万930円的中(12点)

=提供主幹からの一言=
提供主幹:加賀武見
今回のシンジケート協定はかなり大きな協定だったようだね。終わってみれば「結局はノーザンF生産馬の勝利じゃないか」と思われたかもしれないが、R.ムーア騎手の乗り替わりが決まった時には、正直提供を中止にするしかないという話も出ていましたからね。ただ、しっかりと協定が敷かれているレースだからこそ、ムーア騎手じゃなくても脚を溜められる騎手であれば問題なくミッションの遂行を行えると進言させては貰ったんだけど、そこで藤岡康太君が空いていたのは本当に幸運だったといわざるを得ないね。また、ナミュールのエスコート役を務めたルメール君が居た事も「大丈夫」と思わせてくれた一つかな。
シュネルマイスターに乗りながらナミュールの動き出しを完全にフォローしてくれたし、ナミュールが外に膨らまないようにしっかり壁役になってくれていたからね。
シンジケート側の御子柴さんは「加賀総帥のおかげです」と言ってくれたけど、正直僕としては完全にルメール君のおかげだと思っているよ。
その意味では「シュネルマイスター×ルメール」を黒子役に徹しさせた協定の内容がそもそも凄いんだけどね。
本当だったら「ムーア・モレイラ」のワンツー決着が既定路線だったことは、今後も忘れない方がいいと思いますね。
ここに【協定】の思いが詰まっていますからね。


阿修羅認定競走

■東京9R赤松賞
1着◎6ステレンポッシュ(1人気)
2着▲8テリオスサラ(3人気)
3着〇9オメガウインク(5人気)

3連単フォーメーション
1着◎
2着〇▲☆
3着〇▲☆△△
12点

3連単6020円的中(12点)

=提供主幹からの一言=
提供主幹:坂井千明
このレースは国枝厩舎から買っておけば当たるという程に厩舎との相性がいいよね。
このレースは出世レースだし、今週このレースが指定されていることで、かつてこのレースを勝利したナミュールがマイルCSの協定の中心馬なのか?ということまで想像できたかは別としても、ナミュールの勝ち方も素晴らしかったね。個人的には今回のマイルCSは全くシンジケート側の協定内容を読み切れなかったし、ムーアの乗り替わりがあってもきっちり予定通りの結果を出してくるってのは、本当に驚いたよ。
正直、あのひ弱さの残っていたナミュールにどう勝ち筋を付けるのかと思っていたけど、シュネルマイスターのルメールを傍に置いてレースを進めさせるという戦略だったんだね。本当に凄かったし、それを聞いて俺はやっぱりルメールは凄いと思ったね。
そういう視点でレースを見返すと、しっかりナミュールが外に膨れないよう内から外に出して、仕掛け所まで外でガードしてあげてるもんね。
なんか、リチャードギアのプリティウーマンを思い出したよ。
荒れだけきちんとお膳立てされれば、康太だって後はしっかり追うだけだしね。
案の定、前に居たレッドモンレーヴ(同じノーザンF生産馬)も狭い所を空けてあげてたし、見事な連携だったよ。
本当の意味での「シンジケート協定競走」をまざまざと見せつけられたね。


以上が、今週の結果報告になります。
流石に、加賀総帥も坂井千明氏も、シンジケート協定競走の【協定の意味するところ】を深く感じ取り、脱帽といった感じでございました。

そのシンジケート協定競走に大きく関わる「究極の契約の発表」を行う週に、パーフェクト的中をお届けできた事、スタッフ一同非常に嬉しく思います。

次週以降も一鞍一鞍の精査を丁寧に行い、貪欲に的中を重ねてまいる所存。
是非引き続き大きなご期待を寄せていただきたいと存じます。

結果速報は以上とさせていただきますが、この後21時頃「究極の契約の詳細発表」を配信させていただきますので、必ずお目通しくださいますようよろしくお願い申し上げます。

株式会社ASHURA PROJECT
広報主幹 菅原貴史