【阿修羅の結果速報】パーフェクト達成!3連複縛りでの提供が功を奏しました!

【阿修羅の結果速報】パーフェクト達成!3連複縛りでの提供が功を奏しました!

阿修羅メンバーの皆様
今週も大変お疲れ様でした。
先週パーフェクト的中を残すことが出来なかった阿修羅大還元祭のリベンジウィークとして挑んだ今週末のレースでしたが、しっかりとパーフェクト的中をお届けさせていただけた結果にスタッフ一同喜んでおります。

ご参加くださいましたメンバーの皆様、本当におめでとうございます。

先週の天草特別にて不覚を喫しパーフェクト的中をお届けできなかった事の反省を活かし、今週の買い目は幹部会にて「単式馬券禁止」という的中重視の規制が敷かれての提供となったわけですが、正直「連複系馬券のみでの提供」という縛りが無ければ、恐らく今週もパーフェクト的中はお届けできなかったかと思うと、非常に有効な手立てだったと思うわけです。

その点をまず加賀総帥に聞かせていただきました。

加賀総帥曰く

「今回の単式馬券の自重は、先週パーフェクトを逃したから慎重になったということでは無く、【秋競馬の開幕週だから】ということが理由の全てと言ってもいいですね。これは開幕週の馬場だからというだけではなく、【秋競馬の開幕取】だからという点が重要になります。といいますのも、久しぶりに走る競馬場で騎手の体内時計なんかも多少狂っていたりすることがあるので、そういった誤差を埋める意味でも券種を【連複系のみに縛る】というのは重要な施策なんです」

との事。

続けて、

「小回りで坂のほぼ無いコースを中心にレースが組まれていた夏から、突然急坂のある中山・阪神に替わるというだけでも騎手の感覚も大分変るんですよね。道中の脚の溜め方や追い出しのタイミングも別モノですからね。そのコンマ数秒の誤差が単式馬券での裏目に繋がったりしますので、一つアドバイスをすれば皆様も秋競馬の1週目2週目くらいまでは単式馬券は自重した方が良いというのは、一つの定石としてもお伝えしておきたいですね」

と話してくれました。

まさにその恩恵に一番預かれたのが加賀総帥が主幹を務めた「セントウルS」であったことも含め、加賀総帥も上機嫌で口も滑らか。

そのセントウルSについては、

「逃げ天国の開幕馬場である以上、逃げ馬のテイエムスパーダは抑えなくちゃいけない馬であることは私共のようなプロじゃなくとも分かっていたと思います。しかし、頭まであるかと言われれば、流石に1着までは想定できなかったはずで、当の私だって勝ち切るとまでは思っていなかったですからね。これを◎アグリ1着固定の3連単で買い目指定していたら、不的中だったわけです。これは偶然ではなく【秋の開幕週】では当然想定しておかねばならない事です。こればかりは、説明のしようがないんですが、私や千明君は騎手をやっていたから、誰よりも理解できることなんですね。なぜなら、届くと思っていた逃げ馬がそのまま残ってしまうという怖さが身に沁みついてるので、その事が今回の的中に繋がったんじゃないかと思うわけです。ノリだってあの手応えですから届くと思っていたと思いますよ」

と、騎手としての「理屈を超えた感覚」こそが今回の的中をつかみ取ることが出来た最大の要因であると話してくれました。

その意味でも当プロジェクトは

「攻めるべきところは攻め、守るべきところは守る」

というメリハリの付いた買い目提供こそが「最大のウリである」と言っても過言ではないということをまざまざと理解させられたと思うわけです。

馬券というのは「情報の裏取り」「各馬の評価」そして「買い目の選定」という3つのプロセス全てが噛み合わないと結果を残すことが出来ないんだということを今週はより色濃く自覚できたという意味でも、非常に大きな結果を得られた週と言えるでしょう。

最後に加賀総帥は、

「先週の新潟記念でのユーキャンスマイルの抜擢は確かにラッキーな所もあったと思いますが、今週のセントウルSでテイエムスパーダを選出できている事も、買い目の券種が3連複での提供となったことも、これは偶然でもラッキーでもなく、いわば【競馬の定石】のようなもの。先週は的中馬券をお届けしてもあまり満足はできませんでしたが、今週は自信をもって【仕事したな】と思える結果でしたよ」

と笑顔で答えてくれました。

ちなみに先週私は、こう申し上げました。

私の立場から見れば「結果論として、当たったから良いじゃないですか!」と言いたいところなのですが、加賀総帥にその様な姿勢は一切見られず、総帥が常に口にしている「当てればいいというものではない。まぐれ当たりは続かない。」という言葉が重みを感じさせてくれます。

まさに先週感じた言葉の重みを今週しっかり体現してくれるあたりが「闘将と呼ばれた加賀総帥の矜持なのだ」と思わせていただけました。

更に先週『私共の組織に「まだまだ成長の余地がある」ということでもあると考えますので、今後とも変わらぬご愛顧をいただければ幸いです』と申し上げましたが、まさに今後も、それぞれ半世紀以上を競馬に捧げてきた阿修羅の鬼神3人の最大の強みである【競馬の定石】をしっかりと根底に据え、大きく成長してまいる所存であるということを、申し上げておきましょう。

秋競馬の開幕週を最高のカタチで秋競馬の開幕週を飾ることが出来ましたが、これはあくまで『号砲を鳴らしたに過ぎない』ということでございます。

秋競馬への期待もさらに高まっていただけたのではないかということで、各種レースの結果詳細をご報告いたします。


5月20日(土)提供


阿修羅認定競走

■中山11R 紫苑S(GII)
1着◎2モリアーナ(4人気)
2着▲3ヒップホップソウル(2人気)
3着△13シランケド(9人気)

3連複フォーメーション
1頭目◎
2頭目〇▲☆
3頭目〇▲☆△△△△
15点

3連複2万410円的中(15点)

=提供主幹からの一言=
ノリは最高にうまく乗ったね。モリアーナ自身春は追い切りとレースでの結果が連動してなかったけど、ミヤビ(武藤騎手)もこれでいかに自分が下手に乗っていたかが分かっただろうね。ヨシノリ(武藤調教師)は雅を甘やかしすぎだよ。もっと早くに乗せ替えてればよかったと思うけどね。それが親の厳しさなんじゃないかね。
あと、このレースではデクラレーションオブウォー産駒のシランケドについて面白い裏取りが出来ていたんだけど、その裏取りに協力してくれた日高のシンジケートが面白い動きをしてるんだよね。これ話しちゃっていいのか分からないけど、菅原が上手く書いといてくれよ。

=追記=
千明さんよりこの様に命じられましたので追記を致しますが、正直現段階では全てをお話しするわけにはいかず、私の口からは『今しばらく発表をお待ちください』ということのみしか申し上げられない事、ご容赦頂きたいと思います。発表の許可が下りる『来る日』までは今しばらくお待ちください。


阿修羅認定競走

■中山9R アスター賞
1着▲6キャットファイト(4人気)
2着◎3バスターコール(3人気)
3着△8ベストオブユー(5人気)

3連複フォーメーション
1頭目◎
2頭目〇▲
3頭目〇▲△△△
7点

3連複1800円的中(7点)

=提供主幹からの一言=
提供主幹:坂井千明
これは危なかった。俺はバスターコールで鉄板だと思ってたから、これが秋の開幕初週の3連複縛り週じゃなかったら3単で行ってハズしていたかもしれないよ。それにしても勝ったキャットファイトは強かったね。あそこまでちぎるとは思ってなかったし、上り2位と0.8差の上りを使ったわけだからね。地味な血統だから今後も人気になるかどうかは分からないけど、重賞でも通用するかどうかはしっかり検証しておくよ。


9月10日(日)提供


阿修羅認定競走

■阪神11R セントウルS
1着△11テイエムスパーダ(14人気)
2着◎8アグリ(2人気)
3着〇14スマートクラージュ(5人気)

3連複フォーメーション
1頭目◎
2頭目〇▲☆
3頭目〇▲☆△△△△△△
21点

3連複9万3130円的中(21点)

=提供主幹からの一言=
提供主幹:加賀武見
このレースは私の説明を見てもらうよりも、評価順をしっかりと公開しておくべきレースだと思います。

セントウルS
<評価順>
◎8アグリ
〇14スマートクラージュ
▲9ボンボヤージ
☆7エイシンスポッター
△5ジャングロ
△2ヴァトレニ
△3レジェーロ
△11テイエムスパーダ
△4ドルチェモア
△10ピクシーナイト

いかがでしょうか。
最後の最後に印を回したピクシーナイト以外の△は『逃げの可能性があった馬』であること。
短距離戦の逃げ馬は発馬のタイミングが合わなければ惨敗もあるわけですから、いわばピンとパーの馬。
体調などに関係なく『行ければ粘ってしまう』というある意味ではくじ引きのような状況。
だからこそ、本線サイドには『差し馬勢』を上位に評価。
そして、△勢は頭数こそ多くなってしまったものの『逃げた馬が残る』ことを想定し、ここまで広げさせていただきました。
さらに、今回もう一つ重要だったことが1人気に支持されていた『ビッグシーザーを買い目から切ったこと』でございましょう。
あまり多くは語れないのですが、ここには『とあるシンジケートからの進言があった』ということだけは伝えておきたいと思います。


阿修羅認定競走

■中山11R 京成杯AH
1着◎2ソウルラッシュ(2人気)
2着▲10ウイングレイテスト(5人気)
3着△3ミスニューヨーク(8人気)

1頭目◎
2頭目〇▲☆
3頭目〇▲☆△△△△
15点

3連複9260円的中(15点)

=提供主幹からの一言=
提供主幹:塩崎俊雄
先ず改めて先週の不甲斐ない敗戦をお詫びしたい。
すまなかった。そして、その敗戦があったにもかかわらず、今週も俺を信じて参加してくれた人、心から感謝するよ。
俺としても、連敗だけは避けたかったからこの結果にはほっとしてるよ。
予想自体はさほど難しくなくて、3連複しばりだったらたとえ59キロでも明らかに能力が2枚上のソウルラッシュが軸に最適なレースだったからね。
ウイングレイテストもミスニューヨークも中山実績あるのにあまり人気になっていなかったから美味しい配当になって良かったよ。
ただ、☆に指名していたインダストリアに関しては、時計面での対応が今後もカギになりそうだね。


以上が、今週の結果報告になります。

次週は以前より『札幌記念と同じ背景を持つレースである』と申し上げさせていただいている【ローズS】が行われます。
更に『三日間開催』ということもあり、長丁場とはなりますが、その分『提供レースも増やせる週』でございますので、多くの皆様にご参加いただけるのみならず、阿修羅チャレンジなども含めた提供も実現できそうな状況になっておりますので、是非とも次週も楽しみにしてください。

それでは本日は以上とさせていただきます。

株式会社ASHURA PROJECT
広報主幹 菅原貴史