【追い切り速報】2023アイビスSD週

【追い切り速報】2023アイビスSD週

今週も美浦トレセン・栗東トレセンの馬場寸評に加えて、水曜時点で動きの目立った「追い切り注目馬」をご紹介してまいりたいと思います。

なお、この注目馬は基本的に「阿修羅認定競走以外」のレースからの選出となっている事は予めご理解ください。

それでは、注目の美浦の追い切りから。

<美浦>馬場寸評(2023.7.26)

【南ウッド】は良。朝は入念な水まきの効果で、コース全体的が適度な水分を含んで走りやすい状態。時計も速かった。ただ、後半になると乾きが進み、特に内側はパサパサしたコンディションに。荒れた時間帯は砂浜のようにデコボコしており、内を通る2歳馬などはバタバタになってしまうシーンも見られた。ハロー車で馬場を慣らした後は内、外それほどの影響はなく、数字だけではなく追った時間帯などを気にする必要があるだろう。騎乗した助手からは「開門から乗ったが、暑かったのでやり過ぎないようにセーブした。それでも1F11秒台が出たように、速い時計が出やすい馬場だった。後半はパサパサのところは避けたが、それでも脚が沈むような感じ。力のある馬は問題ないが、小柄で非力な馬は前に進むのが遅い。これでは前半、後半で時計差がでるのも仕方がないよね。」とのこと。日曜新潟11Rアイビスサマーダッシュに出走するトキメキが5F66秒8ー37秒8ー11秒9。ファイアダンサーが5F67秒0ー37秒6ー11秒8。
【南ポリトラック】は良。走ると音が響いており、少し硬めのコンディション。ただ、時計自体に変化はなく、1F11秒台前半なら優秀だ。
【南芝】は良。追い切りは2組だけだったが、新馬戦に出走するナンヨーレギュラーが5F59秒9ー3F33秒5ー1F11秒1の猛時計をマークした。芝が整っており、走りやすい状況。
【南ダート】は良。パサパサの砂質で少し重いコンディション。先週より時計は掛かっている。1F12秒台前半ならOKだ。
坂路は閉鎖中。


<美浦>追い切り注目馬

■7.29土曜新潟 2歳新馬
 サトノフォルテ(牡2歳)
父:ロードカナロア
母父:ハーツクライ
生産:下河辺牧場
馬主:里見治
厩舎:美浦・国枝栄

6月4日に初時計。そこから開幕週の新潟に合わせて、時間をかけてじっくりと乗ってきた。併せ馬では鋭い走りを見せており、6月25日から7月12日までは立て続けに1F11秒台をマーク。1週前は戸崎が感触を確かめたが、3歳1勝馬相手に優勢な走り。5F67秒2ー3F38秒2ー1F12秒4。追われる相手に合わせたため1Fは要したが、手綱を緩めれば突き放す勢いだった。今週はオーバーワークを避けるためにサラッと。滑らかなフットワークに、直線は併せた相手からグイッと前に出て半馬身の先着でフィニッシュ。柔らかみのある走りに、馬体も中から膨らんだような状態。態勢は万全だ。

■7.29土曜新潟12R 3歳上1勝クラス
 ノーブルラン(牡3歳)
父:ワールドエース
母父:ノボジャック
生産:高昭牧場
馬主:岡村善行
厩舎:美浦・尾形和幸

前回は明らかに急仕上げ。ウッドでの調整では1F11秒台が一本もなく、攻め切れてない印象を受けた。今回は併せ馬を中心にメリハリを利かせた乗り込みを消化。追い切り2本目で1F11秒6。併せた相手に楽に1馬身の先着。その後も水、日と時計を重ねると1週前は実戦さながらの追い比べから突き放して3馬身の先着。5F67秒8ー3F38秒2ー1F11秒6。今週は3頭併せ。2頭を誘導して馬場の真ん中で馬体を並べたが、追われる2頭を気合一発で突き放し、最後まで切れのあるフットワークで一気にはじけた。5F67秒8ー3F37秒8ー1F11秒5。中の馬に3馬身、内の馬には6馬身の大差先着でフィニッシュ。体も無駄なく仕上がっており、肌もピカピカ。出来には太鼓判を押せる。

■7.30日曜新潟5R 2歳新馬
 カンティアーモ(牝2歳)
父:エピファネイア
母父:アドマイヤベガ
生産:ノーザンF
馬主:シルクレーシング
厩舎:美浦・木村哲也

入厩当初から馬体の良さ、フットワークの切れが目立っていた1頭。追うごとに着実にパワーアップされ、7月19日には意欲の7F追い。軽快にラップを刻むと最後まで手応え、脚勢に余裕を持ったまま伸びきって7F98秒2ー3F38秒4ー1F12秒2。7月23日にはしまいを伸ばして1F11秒7。スタミナ、切れを磨きながら、上手に仕上げてきた。直前は3頭併せで実戦を意識させたが、前を見ながらも折り合って、直線も楽々並んで同入。弾むようなフットワークは芝ではじけそうな雰囲気があり、筋肉量豊富の馬体も好感。いきなり全開の仕上げだ。

■7.30日曜新潟9R 豊栄特別
 チアチアクラシカ(牝6歳)
父:リアルインパクト
母父:Siphon
生産:天羽禮治
馬主:藤田在子
厩舎:美浦・西田雄一郎

昨年当レースで3着。夏に調子を上げるタイプでもあり、春の東京戦を1度使って、相性のいい新潟戦に向かうことは早々と決めていた。調整も順調で、1週前は調教師自らが手綱を取って併せ馬。ゆったりとしたペースだったとはいえ、直線は追われる相手を馬なりのまま圧倒して見せた。今週は3頭併せの真ん中に入ったが、スムーズな加速にラストも持ったまま一直線の伸び脚。5F69秒0ー3F38秒4ー1F11秒5。走るエネルギーが満ちあふれ、ゴール前は相手に合わせたが、追えば突き放していただろう。肌を薄く見せているのは代謝がいい証拠。ここ目標にきっちりと状態を整えた。


<栗東>馬場寸評(2023.7.26)

程よく乾燥しており、特にウッドチップのコースは軽くて走りやすい状態に。
【坂路&CW】は先週同様に速い時計が出たイメージだ。
【芝コース】もきれいに生えそろっており走りやすそうだが、いかんせん関西主場の開催がないため追い切り頭数が少数。時計の速い遅いの判断が難しい状況だった。
【ポリトラック】常に良設定のポリトラックは炎天下でも通常通りに時計は出ていた。
【ダート(B)コース】は砂埃りが舞ってかなり乾燥しているようだが、極端な時計鈍化を招くほどではなかった。

<栗東>追い切り注目馬

■7.30日曜10R 佐渡ステークス
 トゥデイイズザデイ(牡4歳)
父:ディープインパクト
母父:Kitten’s Joy
生産:ノースヒルズ
馬主:前田葉子
厩舎:栗東・池江泰寿

実質的な本追いとなる1週前に、ウッドでラスト1ハロン11.0秒と強烈な末脚を披露。同じく3勝クラスの僚馬を大きく先行させ、並ぶ間もなくアッという間に抜き去っていった。また、直前の坂路でも余力たっぷりに4ハロン54.1―12.1秒とシャープな末脚を披露。暑さにへこたれる素振りも見せず、ピカピカの毛ヅヤで体調の良さをアピールしていた。


以上、美浦と栗東の馬場寸評、及び5頭の調教注目馬をご紹介いたしました。

株式会社ASHURA PROJECT
調教班