阿修羅発起人「塩崎利雄」からの御挨拶

阿修羅発起人「塩崎利雄」からの御挨拶

切った張ったの世界に足を突っ込んで「50有余年」。
成功も失敗も同じくらい味わってきたが、この歳になって分かったことがある。

「競馬ってのは時間の対価」

ってことだ。

丁半博打から麻雀。様々な博打は一通りこなしてきた。
そういった博打は基本的には「直感」みたいなもので潜り抜けられるものが多いんだが、競馬だけは違うんだよな。

競馬ってのは博打の中で唯一と言っていい「時間軸」を意識しなくちゃならねぇしろものなんだよな。

まずその象徴が「人脈」だわな。
誰かに紹介されたからってすぐに心開くなんてことは競馬関係者に限っては絶対にない。
それこそ「どこの馬の骨かわからねー奴」に本音の話なんてするわけがない。

それは人脈だけじゃねーよな。
サンデーサイレンスの現役時代を見た事もねー奴がサンデーサンデーって語ったりするだろ。
実馬を見た事もねー奴が血統語るなんてのもちゃんちゃらおかしな世界なわけだよ。

俺の58年、そして、加賀さんの67年、更に、千明の54年。
全部合わせて「179年分」の人脈と知恵がここにある。

まず言いたいことは「裏取り」は我々に任せなってことだ。

俺らに嘘の話をする関係者はいねーよ。
もちろん公明正大には言えねー話も多いけど、ひっぱりやヤラズの話なんてごまんとあるからな。

そんな裏話を馬券を通じて金に換える。
それが「ASHURA PROJECT」だ。

最後に一つ言っておく。

「GIしか買わねー」とか「重賞しか買わねー」っていう俄かファンは入会お断りだ。
裏情報の何たるかを全く分かってねー証拠だからな。
もちろん、重賞やGIの予想も出すが、そんなところでの当たった外れたで価値を計るのはやめてくれよな。

「裏ネタは平場に眠る」

この言葉は覚えといてくれよ。

極道記者
現役記者:塩崎 俊雄

東スポ、日刊ゲンダイをはじめ、スポーツ紙などで予想、コラムなどを担当する名物記者。
約50年の競馬記者生活から、競馬界では知らない者がいないとまで言われる。

1965年に東京スポーツへ入社。当初は競馬とは無関係の連絡員だったが、同年に競馬部門へ異動。同社のトラックマンとなり、1970年~1976年にインタビュー「塩崎利雄のジョッキー訪問」でホストを務める。
1982年に東京スポーツを退社。ケイシュウニュースを経て、その後は1986年から日刊ゲンダイ紙上で、自らの馬券生活を題材としたリアルタイム小説『止まり木ブルース』を連載して人気を博す。
また、ケイシュウニュースに属していた縁で、主要重賞のある度に予想コラム「行きの戎、帰りの閻魔」を同紙に寄稿していた。

ラジオ日本でメインレース解説や、雑誌でも連載を持つ。
映画化された「極道記者」など作家としても活躍している。

[著書]
極道記者シリーズ(奥田瑛二主演で映画化)
止まり木ブルースシリーズ(白竜主演でVシネマ化)
実録 極道記者

▼田原成貴元騎手との対談動画▼